三姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

【乳児・幼児】赤ちゃんや子供の日焼け対策と虫除け対策

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

暑い季節がやってきました。そんな季節に気になるのが,子供の日焼け・虫対策

幼稚園から帰ると毎日ご近所さんたちと外遊びする我が子たちは、既に蚊にさされております。また、日中はお散歩に行く時は日傘が必須になってきましたが、子供たちはそんなもの持てません。日焼け止めが必須です!!でもママって毎日忙しい!!面倒くさい!!そこで、今日は時短育児のためにボス猿が今年取り入れた日焼け止めと虫除けが一度で出来る、for famをご紹介しようと思います!!

日焼け止めや虫除けってほんとに必要?!

さて、そもそもなんですが、子供たちに日焼け止めや虫除けってほんとに必要なんでしょうか??

はっきり言って、ボス猿なんかいまだに日焼け止めなんて塗ってないんですけど・・・(30過ぎた女性が日焼け止めも塗ってないなんて、かなりの問題なんだとは思うんですけどね(笑))時間もないし、習慣もないし、なんと言っても塗り慣れてないから、塗った時の肌の閉塞感がたまらないんですよね。。。

子供のころも,真っ黒に日焼けして健康そう~なんていわれてましたよ。

 

でも,やっぱりボス猿が子供のころとは紫外線の量が違うんですよね。多量の紫外線を浴びれば皮膚ガンなんかのリスクも上がるんだとか。。。また,ボス猿家の子供たちは全員女の子。単純に年頃になったときに,シミがあったら可哀そう。男の子でもそうですけどね。

最近では目から紫外線が吸収されるということで,お子さんにサングラスをかける方も増えているんだそうですよ。ま,ボス猿はそこまではしませんけどね。なんせ面倒くさくって。。。せいぜい帽子が限界(笑)帽子なら自分で被ってくれるんでね(笑)

 

話はズレましたが,虫よけについてもやっぱりしてあげるに越したことはないんですよね。最近は蚊が媒介して感染症にかかってしまうこともあります。また,長女は皮膚が弱く一度蚊に刺されるとかきむしり,とびひになる可能性もあります。

 

ということで,自分はさておき子供たちには一応日よけ対策・虫対策をしております。

for famって?!

さて,冒頭でも触れました本日お勧めする【for fam】ですが,芸能人のブログなんかでもよく出てくるのでご存知の方もいるかと思います。コレ↓

f:id:ganarusyuhu1:20180525141554j:image

ボス猿も,某有名人のブログで見かけて名前とパッケージだけは知っていました。でも,そんなこと忘れてましたよね。(笑)

で,なんでまた思い出したのかと言うと,ネットで日焼け止めと虫よけが1本で済む商品をさがしていたから!そこで,出てきたのがこれだったんですよ。

で,何がいいって,赤ちゃんでも使えるってこと!!

パッケージには虫よけについては何も書かれていませんでしたが,ホームページではちゃんと虫よけの試験がされていることが明記されていました!!

f:id:ganarusyuhu1:20180525141642j:plain
f:id:ganarusyuhu1:20180525141628j:plain
f:id:ganarusyuhu1:20180525141617j:plain

 詳しくはこちら↓

ベビー用UVミルクのForfam | UVミルクならコスメカレッジ

長女や次女はもちろん,生後三か月の三女にも使える。これかなり重要ポイントです。ただでさえ面倒くさいのに,別々のものを3人に塗るのはすぐに止めちゃいますよね,はい(笑)

 

ただし!オーガニック商品なので,高いです。(笑)1本80gで2700円(税込)送料648円。

使い心地はお高いだけあって良いですよ☆(笑)レモン系のにおいで,日焼け止め特有のあのキツイニオイはありません。においに敏感な長女も,イイ~ニオイ~♡と言って塗っていました(笑)

 

こちらは2本セットであれば送料が無料になるので,使い切る自信のある方はこちらからどうぞ☆ボス猿は,かなり面倒くさがり屋なので使い切れるか自信がありませんでした。なので,ベビザラスで購入しました。お近くにベビザラスがある方は,そちらで購入すれば送料がかかりませんよ☆ただ,お値段はどこで買っても同じです。取り扱いについては,店舗ごとに違うので,お近くの店舗にお問い合わせくださいませ。。

そして,お値段だけで見るとこちらの方が2,538円(税込・送料無料)と若干お安い。

 

ただし,内容量が40gなので,コスパはfor famの方が良いです

 

ケチケチボス猿がなんで,こんな高価な商品を買ったのかと言うと,結局のところ虫よけと日焼け止めを別々に買っても,同じくらいの値段になると考えたから。いや,むしろ今年は生後3か月の三女がいますから,オーガニックの商品なんかを別々に購入すると結局そちらの方が高くなるんじゃないかな。。。ということで,今年は思い切ってこれを購入したというわけです。

バラバラに塗ってもOK☆

さてボス猿はとにかく面倒なので1本で済むfor famを購入したわけですが,面倒くさくなければ,日焼け止めと虫よけをそれぞれ塗ってあげればそれでいいんですよね。実際ボス猿も去年まではそうしていましたから☆その場合には日焼け止めを塗り,しっかり乾いた後で虫よけを塗ってあげましょう!

幼児用日焼け止め・虫よけ

昨年までは3女がまだ産まれていませんでしたから,幼児用の対策で良かったわけです。そこで我が家が使っていたのがこちら☆

 

まだまだ赤ちゃん気分の抜けていなかった次女が,少しでも嫌がらないようにとこちらの可愛いひよこちゃんタイプを買ってみました。が,次女も嫌がるし面倒くさくなってすぐに塗るのをやめてしまい,ポイでした。。。もったいなかった。日焼け止めは基本的に1年ごとに買い替えです。面倒くさがりのボス猿は使い切ったためしがありません。。。

虫よけは2種類を使っていました☆一つ目はフマキラーのミストタイプの物。400円前後ですが,キティちゃんのパッケージだと100円高い!当然,ボス猿家はノーマルパッケージです(笑)キティちゃんごときと言っては失礼ですが,中身は一緒なのに100円も高いなんてありえません(笑) 

このフマキラーのミストタイプのメリットはサッと吹きかけることが出来るところ。手軽に使えるんですよね。夕方の外遊びの際,シュッと吹きかけるだけで虫よけ完了。ミストタイプなので服の上にもかけられます。

ただし,こちらは生後6か月未満の乳児は使えません6ヶ月以上2歳未満は1日1回2歳以上は1日1~3回までと使用の回数に制限があります。更に,次女は濡れることが嫌だったようで,吹きかけるたびにひと悶着でした。。。

昨年2歳未満だった次女は朝こちらを使うと,夕方は使えませんでした。で,重宝したのがこちら↓

マグネットタイプの虫よけです。アロマの香りで帽子や服,ベビーカーなどにくっつけることが出来ます。しかも,お値段は500円ちょっと繰り返し使える!!コスパ良し!です(笑)子供たちも気に入って自分でつけてくれていました。こちらであれば赤ちゃんでも大丈夫ですね☆

デメリットは,守れる範囲が狭いことと磁石でくっつけるタイプなので簡単にはずれてしまうので,幼稚園などにはつけていけません。

乳児用日焼け止め・虫よけ

乳児は肌がまだまだ弱いので,日焼け止めも虫よけも使えるかどうかをしっかり確認してかあ購入,使用をしましょう。こちらは赤ちゃんでも使える日焼け止めです。

乳児でも使える虫よけです。アロマタイプのものは少々お高いですが,一番下のピジョンから出ているものであれば500円程度なので,赤ちゃん一人に使用するのであればこれでも十分かと思います!兄弟・姉妹・家族みんなで・・・と言う場合にはひと夏に50gでは足りないかもしれません。

まとめ 

さて,色々とご紹介してきましたが,兎に角どんなものであっても,対象年齢や用法容量を守って対策してあげれば何の問題もありません。少しでも病気や肌荒れのリスクを減らしてあげることが大事なのです。

各ご家庭ごとの使用目的使用人数に合わせて,最適なものを選ぶようにしましょう。

ボス猿も,今年こそは最後までしっかりと日焼け虫よけの対策を頑張ります!!

 

夏のアイテムと言えばアイス☆こちらもどうぞ☆

www.bosuzaru.com

 

 

 

本日も長い文章を最後まで読んで頂きありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

 

ボス猿。