姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(69)ー健気な長女と次女に涙が出たって話

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

三女のいる生活1日目

 

一昨日,無事退院し、三女と一緒に家に帰ってきました。5人での生活がいよいよ始まりました。

 

退院時には、長女は幼稚園に行っていたので、主人と次女がお迎えに来てくれました。

 

家も何とか主人が片付けてくれていたようで、悲惨な状態にはなっておらず、一安心です(笑)

 

里帰り出産の時は、3ヶ月家を空けたので、ちょっと悲惨な状態だったんですよね。ここに赤ちゃん入れるつもりだったんですか?!っていうレベル。。

でも,今回は4日間だけだったので,大したことはありませんでした。(笑)迎えに来る前に掃除機もかけてから来てくれていたようです。

 

さて,そんな状態で始まった5人生活なわけですが・・・

昼間の長女と次女

 

帰宅後は長女はいませんでしたが,次女も3女を意識しつつも,ぺんぺん太鼓であやしてくれたり,自分のおやつを分けてあげようとしてくれたり(笑)

ご飯の時は,【〇〇ちゃんは,パパが抱っこできる??ママ食べさせて♡】なんて可愛らしく遠慮気味に言ってみたり(笑)

 

長女も幼稚園のお迎えに行くと,ママがお迎えに来てくれたことよりも,【○○ちゃんは??一緒に帰ってきた??パパとお家??】と,兎に角気になる様子です。帰宅後も,いつもならすぐさま遊びに外に出ていきますが,3女を抱っこして離しません。

 

次女が産まれた時と比べると,本当にお姉さんになったなぁとしみじみ。

寝るときに問題勃発

 

そんなこんなで,何とか就寝時間まで過ごしたわけですが,そこに来て問題勃発です。

 

これまで,就寝時には,ベッドに次女・ボス猿・長女の順に寝ていたわけです。

そこへやってきた3女。。。3女はどうしてもボス猿の横ですよね。そうなると,次女か長女のどちらかが,ママの横では寝れなくなるのです。。。

 

3女が産まれる前からこの寝る順番問題については何度か話をしており,ベッドの奥から,三女・ボス猿・次女・長女の順で寝ることになっていました。

ところが,実際にその日が来てしまうと,長女としてはかなり不満。もちろん,入院中の我慢も重なっていたのでしょう。シクシクと枕に顔を押し付けて泣き始めてしまいました。当然,次女はママの横を譲る気はありません。

 

長女も,理屈では分かっている分,気持ちのやり場が無くなってしまったのだと思います。次女も,昼間の元気はどこへやらで,兎に角不安そうにボス猿の顔をずっと触りながら【ママ,もうどこにもいかない??】と何度も何度も聞いてきます。

 

そんな二人を見ていると,昼間も平気そうにしているけれど,本当にたくさんの不安と葛藤と闘ってくれているんだなぁとひしひしと伝わってきて,涙が出てきてしまいました。

 

ボス猿からすれば,3女が産まれても愛する対象が増えただけで,100%が1/3になるわけではありません。100%が3人になっただけなのですが,やはり子供たちからすれば,それは分かりません。兎に角不安なんだと思います。

 

まずは,寂しい思いをさせてごめんね。入院中もたくさん我慢してくれたね。ありがとう!!ママは,長女も次女も3女もみんな1番大好きなんだよ。ずっとずっと,3人が1番なんだよ。ママもみんなの横で寝たいよ。ということを伝えました。

長女や次女に寂しい思いをさせたいわけじゃないんだよ。。。と。

 

そこで,ようやく落ち着いてきた長女。落ち着いてきたので,長女と次女は順番にママの横で寝るように提案してみました。使命感の強い長女は,落ち着きを取り戻し,一先ずその日はそこで寝ることを承諾し,交代で寝ることも納得してくれました。

 

ボス猿の中では当然と思っていることも,言葉にして伝えてあげなければいけないんだなと感じました。そりゃそうですよね。だって,まだ2歳と5歳ですもんね。大人になったって、人の気持ちって言葉にしないとなかなか伝わりませんからね。。。

 

これからは、もっと言葉にして愛情を伝えていきたいと思います!!

 

 

本日も長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

またご訪問いただけると幸いです。

 

 

 

ボス猿。