姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ボス猿家の節約生活㉖ー2018年度4月からの家計がヤバい件

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

4月からの家計簿事情

 

2月に新しい家族が増えるボス猿家ですが,赤ちゃんの誕生で増える出費は消耗品くらいなボス猿家。基本的にはお下がりが使えるので,いろいろ購入する必要がないのです。

 

それ以上に家計の事情が違ってくるのが,4月の次女の入園から!

もちろん,それはずいぶん前から分かってはいたのですが,ちょっと現実逃避しておりました・・・。気にはなりつつも,現実を見たくなくって・・・

 

しかし,1月も間もなく終わりという時期になり,いよいよ現実を見ざるを得ない状況になってきました。ということで,これまでの現状と,4月からの変更点を全て書き出してみました。

現在のボス猿家の家計事情

 

今現在のボス猿家の家計事情も,既に毎月の赤字家計です。主人の1馬力で家族4人が生活しております。しかも,35年の住宅ローンで一軒家に住み,車は2台所有。傍から見るとかなり贅沢な暮らしをしているように見えるのではないでしょうか。

 

実際,色々な方から【旦那さん稼いでるんやねぇ!!】とよく言われます。。。

 

しかし,現実はそんな甘いものではありません。。。。主人の職場は安定こそしていますが,年功序列の世界。主人は31歳ですから,31歳相当のお給料しかもらっていません!!はっきり言って,朝7時過ぎから出かけて夜は基本的に御前様。土日にも基本的には出勤で,1日休みなんて年間で数えるくらいしかないくらい働いているとは思えません。(これは,あくまでも主人への文句ではありませんから!!)むしろ,主人には本当によく働いてくれているなぁと感謝しかありません。。。

 

しかし,そんな状況ですからボス猿家の毎月の収支は常に赤字。そこにきて,4月からの次女の幼稚園代が・・・・

4月からの家計事情

 

そうです。毎月赤字なのに更に34,000円程の幼稚園代が必要になります。単純に赤字が34,000円分増えます。

 

これまで毎月赤字でも,何とかボーナスで年間では黒字に出来ていたのですが,はっきり言って,もう無理です。

 

これからの2年間は何をどう頑張っても働くことが出来ませんから,もうそういう時期だと割り切るしかありません。

 

ということでこれから2年間貯金を増やすことはあきらめました。。しかし!!貯金できないことと貯金を切り崩すことでは,かなりの違いがあります。

何とかして年間をマイナスでは終えたくない!!せめてプラマイゼロにしたい!!

 

ということで,年間予算とにらめっこが始まりました。

削れるところはもうアレしかない・・・

 

いくら予算表とにらめっこしたところで,今現在もそれなりにカツカツの生活をしております。削れるものなんてほとんどありません。

しかも,2月からは家族が一人増えますからね。。。

それでも,この1年で買い物の基盤が出来たことで,食費を少し削ることが出来そうだと踏んだボス猿。スーパーの予算3,000円とコストコの予算4,000円を削ることにしました!!!!ふ~~~~~~~~~~~~~!!!!!

もう叫ばずにはいられない精神状態です(笑)

 

しかし,それでもやっぱり年間でマイナス。

 

そうです。もうあの聖域に足を踏み入れるしかないのです!!

 

そこで呼びつけられた主人。現状と4月からの現実を見てもらいます。主人もカツカツでやってることは知っていたはずですが,4月からの現実に愕然です(笑)

 

そこでふと我に返る主人

主人「・・・・。もしかして。僕ですか・・・・。」

ボス猿「気づきましたか。そうです。もうそこしか削れないのです。食費は7,000円のカットです!!」

主人「・・・いくらのカットですか・・・。」(超小声)

ボス猿「・・・。申し訳ないのですが,ボス猿が働けるようになるまでは,1割カットさせてください!!」

主人「・・・・わかりました。」

 

たった一人で家族の生活を支えてくれている主人のお小遣いのカットは何とか避けたかったのですが,それでもやはりもうどうしようもないのです。

本当に申し訳ないのですが,2年間は1割カットをさせてもらうことになりました。。。

 

それにしても,ボス猿家の家計ヤバくね?!?!?!

ということで,これからますます節約生活に励んでいきたいと心に誓ったのでした!!

 

 

 

本日も長い文章を最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

ボス猿。