姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(60)ー出産はあくまでも大人の事情

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

妊婦検診に行ってきました

本日は36週の妊婦検診に行ってきました。順調に成長してくれているようで,ホッと一安心。そして,今日の検診ではバースプランについてもお話させてもらいました。

 

出産は何度経験しても,同じ出産はありません。今回もどのような出産になるのかは,誰にもわかりません。それでも,やはり3回目ということで,初産の時よりは一通りの流れが分かっている分,余裕を持って臨むことが出来ます。

 

なので,今現在の心配事は,ただただ長女と次女のことだけ。。。

ワンオペ育児をしている母親が5日間も入院するということが,どれだけ大変なことなのか身をもって感じているところです。

 

もちろん,実際にはボス猿が案じているほどのことはないかもしれません。主人の潜在能力がバババ~ン!と発揮されるかもしれませんからね(笑)

子供たちの気持ちをしっかり読み取りたい

 

長女は,5歳という年齢で更に1度は妹の誕生を経験しているので,ある程度3女の誕生も楽しみにしてくれています。ただ,時々心が不安定になることももちろんあるようで,それがよくわかります。ただでさえ甘えん坊さんなので,正直イラっとしてしまうこともありますが,長女の気持ちをしっかりと受け止めてあげなければと,今書きながら反省しております。。。(笑)

 

次女は,妹の誕生というのがまだいまいち理解できていません(笑)なので,何となく不安は感じているものの,赤ちゃん返りは産後かなぁ・・・という感じ。

 

エコー写真なんかをみんなで見ていても,次女は我関せず(笑)特に興味はありません(笑)検診後に「赤ちゃんも元気に頑張ってたよ~」と言ってみても,「・・・赤ちゃん??!」という反応。本当に分かっていないのか,すっとぼけているのかも判断付きません(笑)

産後に新しい環境となる子供たち

 

4月から幼稚園入園や年長さんへの進級を控えている長女と次女。出産予定日は2月なので,家庭でも新しい環境となる上に,外でも環境の変化がやってきます。

 

3女の誕生はあくまでも,大人の事情。というのがボス猿の考えです。長女は楽しみにはしてくれていますが,長女や次女が望んで,妹が生まれてくるわけではありません。なので,出産があるから長女や次女のことを後回しにしたり,出来なかったりということが無いよう,現在最善を尽くしているところです。

 

進級や進学にあたっての準備なんかも,分かっている範囲でできることは先に済ませられるようにしています。

 

もちろん,全ての事が出来るわけではありません。金銭的なことになると特に・・・(笑)もちろん,それ以外にも絶対に我慢してもらわなければならないことは出てきます。だからこそ,出来ることはしてあげたい。

 

毎日の生活の忙しさにかまけて,怒ってばかりのボス猿ですが・・・なかなか普段甘えさせてあげることも出来ていないなぁとふと感じて・・・。3女がお腹の中にいる間にしっかりと甘えさせてあげられるよう,ここで宣言しておこうと思います(笑)

 

じゃないとまたまた怒ってばかりの毎日を過ごし,あっという間に出産になってしまいますからね(笑)

 

 

さて,残りわずかとなった妊婦生活。ボス猿自身も楽しみながら,長女と次女との時間も大切に過ごしていこうと思います!!

 

 

 

本日も長い文章を最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

 

 

ボス猿。