姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

産後2時間からできる骨盤ケア!このケアで体の回復はずいぶん変わります!!

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

残り2か月を切った妊婦生活

いよいよ,妊娠9ヶ月に入り,残りの妊婦生活も2か月を切りました。

お腹はもう既に,はちきれんばかり・・・。まだ大きくなるのかと思うとぞっとするレベルで大きくなっています。。。

前回の検診時には,ベビーは既に2kgあるとのこと。あまり大きくなるとお産が大変だなぁ。。。

入院準備を始めました

 

さて,妊娠9ヶ月に入ったこともあり,そろそろ入院の準備を始めてみようと,おもむろに入院にあたっての病院からの説明書を出してきました。

 

買わなければならないものもあるだろうし,早めに・・・とおもったのですが,新たに買い足す物はほとんどありませんでした。

 

赤ちゃん用のオムツと,母乳パッドだけ買い足せばよさそうです☆

 

入院準備をするにあたって,妊娠出産グッズをしまってある引き出しを開けると,懐かしいものが出てきました!これが,めちゃめちゃ便利だったのでご紹介したいと思います

産後の骨盤ケア用さらし

 

妊娠したら,安産祈願に行かれる方も多いですよね。そこでもらえる(買う)のがさらしの妊婦帯。ボス猿も長女を妊娠した時に,ご祈祷してもらったさらしの妊婦帯をいただいたのですが,もちろんそんなもの普段は巻きません。

 

妊婦帯も,今はガードルタイプのものがたくさん売られてますしね。

そして,第三子となる今回の妊娠中は,ガードルタイプのものすらしておりません。しかも,妊婦パンツすら購入していません。(笑)

 

ということで,話は逸れましたが,さらしタイプの妊婦帯が引き出しの奥に眠っている方が多いのではないでしょうか?!

 

しかし!!これが産後,とても役立つのです!!

眠っていたさらしの妊婦帯が骨盤ケアのためのさらしに生まれ変わります!!

 

使い方は簡単。まずは,10㎝程度の幅になるようにおります。そして,縫います。ボス猿家にはミシンがありませんので,長女の妊娠中に手縫いしました。子供がまだいなかったからこそできたと思います(笑)結構な長さがありますからね,,,

 f:id:ganarusyuhu1:20171219092317j:image

準備はこれだけ。

 

後は産後に,10㎝幅に縫ったさらしを二つ折りにして,骨盤にあたるようにします。二つ折りの折り返し部分がお腹部分にくるようにして当てます。そして,その折り返し部分に,反対側の端っこを片方通します。そして,引っ張ります。兎に角引っ張ります!!そうしてもう片方の端っことくくり終了です。

 

これがかなり締まります!!

ほんとにおすすめです!!

使用については病院に確認が必要

ボス猿が長女と次女を出産した病院では,ガードルタイプの骨盤ケアグッズは産後1ヶ月まで使えませんでしたが,このさらしは産後すぐから巻いてよいと言われ,すぐに使用しました!!

 

しかし,長女の時には初めての育児にてんてこ舞いで,なかなかさらしを巻く余裕もなかったので,産後3ヶ月ごろから,腰やおしりの痛みにかなり悩まされました。

 

しかし次女の時はある程度余裕もあり,産後すぐから締めまくりました(笑)というか,巻いていないと痛くて歩けませんでした(笑)おかげで,次女の時は骨盤の戻りはかなり早かったと思います。

 

今回は出産する病院が違うので,使えるかはまだ確認していませんが,病院の許可さえ出れば今回も産後すぐにでも使いたいと思っています。

(5月14日追記 三女を出産した産院でも産後2時間後から巻いてOKでした。そして今回は産院から簡易ベルトをいただいたので,洗濯する時の替えに使っていましたが今回も骨盤ケアで大活躍でしたよ☆)

出産は回を重ねるごとに,後産もひどくなると言われており,更に骨盤も緩くなっていきます。しっかりとケアしておかないと

 

 

これから出産を迎える方には,とてもお勧めです!!

ミシンがあれば一瞬で縫えますから,是非引き出しの中にさらしが眠っているという方は準備してみてはいかがでしょうか☆

 

産後ダイエットマイナス20㎏に成功した方法の全貌はこちら↓ 

www.bosuzaru.com

 

本日も長い文章を最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

ボス猿。