姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ボス猿の戯言⑥-モヤモヤがたまっていく。。。

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

 最初にお断り・・・。今回はマイナスな内容の記事になります。

マタニティブルーなのか気持ちの浮き沈みが激しいです。。。

 

主人の仕事

主人は教育に携わる仕事をしています。主人とボス猿の出会いも塾でのアルバイト。ボス猿もずっと教育に携わる仕事をしていましたし,一時期は本気で教員になるべく試験勉強もしていました。

なので,主人の仕事に対するやりがいや大変さ,また責任の重さなどは重々承知しています。いや,むしろわかりすぎるので,否定することが出来ないんですよね。否定というととてもマイナスなんですが,否定というより認めざるを得ないといった方がボス猿の気持ちには近いのかな。。。

 

帰りが遅くなること。土日も仕事に出なければならないこと。色々なことを【そうだよね。仕方ないよね。】と認める。または諦めるしか,主人の仕事を理解しているからこそ,ボス猿には出来ないのです。

 

仕事と家庭のバランス

けして主人に家庭と仕事を両立してもらいたいわけではありません。それは,やっぱり無理ですから。でも,バランスは考えてもらいたい。現在は仕事9に対し家庭1といったところでしょうか。主人に言わせればいやいやもっと家庭のことを考えていると,いわれそうですが,ボス猿の感覚的にはこんな感じ。

 

第三子の妊活をするにあたり,主人と話をしました。

主人「今の職場にいる限り仕事量が減ることはない。むしろどんどん増えていく。なので,異動願いを出すことも検討する。やりたいことはできなくなるかもしれないけど,一旦諦めて,そこそこの仕事をこなし,家庭とのバランスをとる。」

という話がありました。

 

しかし,この時点でボス猿はモヤモヤ。。。。

 

なりたくてなった仕事で,やりたいことをあきらめて仕事をするという主人に,そこまで言わせていいのか。立場的に主人には絶対仕事をしてもらわなければならないのに。これで,異動して後悔することになればボス猿の責任になる。そして,そこまでして異動しても,異動先で仕事量が減るとは限らない。。。

こうした思いでずっとモヤモヤしていました。

 

そして,先日仕事先から電話をしてきた主人

 

主人「実は明日が,今後の希望を提出する期限になっている。ちゃんと話が出来ていないけれど,残留で出そうと思っている。」

とのこと。

残るんかい!!と突込みを入れたいところでしたが,グッと我慢。

 

そしてここで,また違ったモヤモヤが発生するわけです。

 

ボス猿の今のモヤモヤ

 

決して主人を責めているわけではありませんので,そこは先に言わせてくださいね。

 

ボス猿は子供が欲しくて,自分で望んでこの生活を選びました。でも,はっきり言って長女を妊娠してから,ボス猿は本当にたくさんのことをあきらめてきました。やりたい仕事なんて当然できませんし,小さなことを言えば日々の生活において,寝ること・食べること・トイレに行くことすら,自分のしたい時間にはできません。全てのことにおいて子供たちを優先し,子供たちを中心に生活しています。

世の中の大半のママがきっとそうなんです。子供が生まれると同時にいろんなことを諦めているんです。これは専業主婦でも兼業主婦でも同じ,みんな何かしらを諦めたり犠牲にして子育てをしています。(もちろん,それを望んだんだろと言われるとそれまでなんですが・・・。)

 

だからといって,主人に仕事を諦めてほしいというわけではありません。ただボス猿のそんな生活も理解してほしいのです。

子供が出来たから,子供中心に生活をするのは母として当たり前だと決めつけないでほしいのです。だって,子供のいる生活を主人も望み,合意の上で妊活を始めたのですから。。。生活のあらゆることを諦めたり,後回しにしたりしていることを少しでも理解してほしい。仕事を優先させるのであれば,その上でしてほしいのです。

 

ボス猿だけが我慢しているわけではないことはわかっています。主人もいろいろなことを我慢してくれていると思います。でも,それをお互いが認め合っていなければそれはフェアではない。

ボス猿が我慢していることは当然。でも俺が我慢していることは認めろはフェアではない。(決して主人がこう言ったわけではありません。ボス猿が勝手に想像しているだけです。もしかすると,ボス猿のこうした我慢や諦めも認めてくれた上でのこの生活なのかもしれません。ただ,それがボス猿には見えませんけどね。)

 

と,こうしたモヤモヤが尽きないわけです。そして,これを主人に言うのか言わないのかもまたモヤモヤしている原因の一つだと思います。

もうこれはボス猿の気持ちとして,ぶつけてもいいのかなと思うのですが,なかなかタイミングもない。

ということで,ここで一旦吐き出させてもらいました。

 

 

実はこの記事を書くにはかなり長い時間がかかりました。書いては消し,書いては消しを繰り返し,1週間ほど下書きに保存されていたのです。

とてもマイナスな記事ですし,何とも解決の見えない問題。また,うまく気持ちを文章にすることもできず,誤解を招くのではと考えたり。。。

 

ここまで書いた今も,ちゃんと気持ちを文章にすることが出来たのかは分かりません。でも,少し気持ちが落ち着いてきたのでよしとすることにします。

 

 

こんな記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後も呆れず,また気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

 

 

ボス猿。