姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(45)ー思い通りにいかないイライラをぶつけてしまう

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

突然ですが、ボス猿は自分で言うのもなんですが,なかなか面倒くさい性質を持っています。性格なのか性質なのかその辺はわかりませんが,とりあえず自分でも面倒くさいと感じているので,主人にしたら訳が分からないところがあるのではないかと思います。

 

例えば,日々のルーティンが行えないと,とてつもなくストレスを感じます。また予定外のことが起こると少しパニックになってしまうなどがあり,日々イライラしたり不機嫌になったりするわけです。

 

ズボラなくせに、こうしたところは細かいんですよね。。。自分でも嫌になります。

 

そりゃ,一人で生活しているわけではありませんし,ましてや突発的なことしかしない4歳と2歳の子供と生活しているわけですから,もう日々予定外のことが起こります。

 

結果,主人からすると何でこの人はこんなにいつもイライラしているんだろうと感じているはずなんです。主人はどちらかというと大らかなので,大概のことはまぁ何とかなるでしょというタイプですから。

 

次女が生まれたときに,実母に言われたことは,「諦める努力をしなさい。」でした。全てを今まで通りにやることは無理だし,それでイライラしていたのでは子供たちと主人がかわいそうだと。

子供のおもちゃを片付けないとか,掃除機がかけられないとか,ご飯が作れないとか,そんなことでは誰も死んだりしないから,イライラしながらするぐらいなら,諦めてニコニコできるママでいる方が良いと。

 

もうそれはおっしゃる通りだと思います。それでも,やはりボス猿はやらなければ気が済まない。そして,出来ないとイラついてしまう。ということを未だに繰り返しています。

 

 

先日の妊婦検診も思った時間に終わらず,長女の16時のお迎えに間に合わなくなってしまい,お迎えを1時間遅らせたのですが,夕方の1時間のズレってボス猿にとってはかなり大きいんですよね。。。

 

帰宅してからはもうバタバタとご飯の準備をし,食べさせ,お風呂で就寝という流れを取りましたが,どうしてもいつもと違う時間のパターンにボス猿はイライラし少しパニック気味だったのだと思います。

 

なかなかお箸の進まない長女に,腹が立ってしまい,叱責。追い詰めるように言葉攻めしてしまったのでした。

 

長女は突然延長保育が1時間伸ばされ,更に疲れて帰ってきているのですから,そんな時こそ長女に寄り添ってあげなければいけなかったんです。今になって思えば,そんなことはすぐにわかるのですが,その時はもう苛立ちやパニックが先に立ってしまい,長女の気持ちは分かるけれど,自分の気持ちを止めることができなくなってしまいます。

 

 

ほんとに反省ばかりの日々です。これから,3人目を出産するボス猿にとっては【諦める努力】が最大の課題となりそうです。

 

 

と,昨日コウノドリを見ながらそんなことを考えていたボス猿でした。。。。

 

 

本日も長い文章を最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

ボス猿。