姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

元塾講師の幼児教育⑥-おもしろい記事発見

 

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 前回は報われない努力もあるというお話でした。

 

今回は,ボス猿がいつも読ませていただいている方のブログでとっても興味深い記事があったので,ご紹介させてください。

 

6分でできたら東大へ!? 3歳9ヶ月の長女がくもんの「すうじ盤100」にチャレンジ! - 子育てのケーキひと切れ分。

 

 こちらの記事です!

 

以前にも書きましたが,ボス猿は何の根拠もなく公文式の学習に信頼を寄せています。(全く公文の回し者ではありません。何なら公文式を私自身が利用したこともないですし,子供にも未だ公文式をさせられていません。早く通わせたいのは通わせたいのですが。。。)

 

塾講師をしているときにはほんとに様々な教材の研究をしていたので,その時に勝手に公文式の学習法に納得し,勝手に信頼を寄せているのです(笑)

 

で,みつけたにじママさんのこの記事です。

 

ボス猿にも【東大への根拠】はわかりませんでしたが,でも数に対する概念は間違いなく鍛えられると感じました。

 

ボス猿は完全に理系。主人も理系。

付き合っていたころは,二人で数学の問題を解いてキャッキャしていたくらいの理系夫婦。友達には気持ち悪いと笑われていました。

なので,長女や次女にも数の概念は遊びながら早くつけてあげたいと感じています。

 

この公文のおもちゃ,(おもちゃというよりは最近流行りの知育玩具ですね)とってもいいと思います。何気なく並んでいる数字ですが,実はいろんな規則性を学ぶことができます。

f:id:ganarusyuhu1:20171022121246j:plain

数って,1から横に順番に規則的に並んでいるだけではないんです。例えば縦にも規則性があり,等差数列になっているんですよね。等差数列って高校数学で習うんですが,こうした規則性をこんなに小さな時から学ぶことが出来るってすごくないですか??

 

ボス猿も主人も子供たちに東大に行ってもらいたいわけでは決してありません。もちろん英才教育をしたいわけでもありません。

 

でも,今ならきっと楽しく数の概念を学ぶことが出来る。もちろん,それは数に限らず,日本語やそれ以外の学習もです。なぜなら,今は子供たちにとっては勉強は勉強ではなくて,すべてが遊びです。強制的なものが一切ないから,楽しんでいろんな知識を吸収していくわけです。ほんとに子供の頭ってすごい吸収力ですからね。

 

 

ということで,悩んでいた長女の誕生日プレゼントが決まりそうです☆

 

きっと,ジジババたちからも好きなものは買ってもらうのでしょうから,親であるボス猿と主人からは出来るだけこうした知育玩具を与えていきたいものです。

 

今回の記事も,ボス猿の偏見と素人による考えですので,そこはあしからず・・・

 

 

本日も長い文章を最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

ボス猿。