姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ボス猿家の節約生活⑩-電力自由化ってどうなったんだろう??

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

今日は朝から,選挙の期日前投票に行ってきました。

まだまだすぐれない天気でしたが,日曜日には台風が来そうなので,台風の中長女と次女を連れて三人で選挙に行くのは考えただけでもぞっとする。しかも,期日前投票の会場の方がはるかに家から近いんですよね(笑)

投票も済んだし気が楽です。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

さて,春ごろにはとっても話題になった電力自由化やガスの自由化。最近ではあまり話を聞かなくなりましたよね。。。

 

どうなったんでしょうね。。

 

ボス猿家でも,当然電気代やガス代のシミュレーションを行ってみたのですが,ケチケチボス猿家ではどこの会社に替えても特に安くなることもなかったので,電力会社もガス会社もそのままの大手との契約を続けています。

ボス猿家では1年を通して,それほど高い光熱費にはなりません。1年の中で最も高い月でも電気代とガス代合わせて15,000円ほど。安い月になると,合わせて4,000円ほどです。

 

この電力自由化,何だかいまいちパッとしないままブームが去った感がありますよね。

 

 

ボス猿が思うに,結局電力会社の変更を検討するぐらいのご家庭って,ある程度節約されているご家庭だと思うんですよね。

 

だから,どこの会社でシミュレーションを取ってみても劇的な節約にはならない。せいぜい月に数百円程度しか下がらないんですよねぇ。それが500円以下になってくると最早手続きの手間の方が勝ってしまう。ただでさえ聞いたことのないような電力会社に変更することには何かしらの不安があるところに,手続きに手間をかけてその成果が月に2・300円となると,なかなか行動に移せる人って少なくなってしまいます。

 

この結果からどうも劇的な自由化とはならなかったのではないかなぁと勝手に思っています。

 

だって,毎月数万円を光熱費に使っているご家庭って,わざわざ電力会社を見直そうなんて思いませんよね。それなら,生活スタイルを見直す方が早いですから。もちろん,ご家庭の事情からどうしても電気・ガスが必要で毎月否応なしに高い光熱費を払っていたご家庭にとっては,この自由化は意味があるはずです。

 

ですから,月に数万円の光熱費を支払っている場合にはぜひ電力会社の検討をしてみる価値ありです!!

 

聞いたこともない電力会社でも,万が一会社がつぶれてしまってもこれまでの電力会社から引き続き電力を供給できるそうなので,その辺は安心です。ただし,一度電力会社を変えてしまうと,1年とか2年とかのくくりで,途中解約には違約金が発生することが多いので,注意が必要です。

 

よ~く検討してからにしましょうね。。

(やっぱりこうした手間が電力自由化のパッとしなかった理由に思えてなりません。)

 

 

さて本日は待ちに待った主人のお給料日♡銀行周りをしなければ・・・しかも,今日は週に一回の買い物の日。あぁ忙しいのに,なぜこやつはこんなに機嫌が悪いんだ・・・次女よ!!頼むよ。。。

 

本日も長い文章を最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

ボス猿。