姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(30)ーこれがマタニティブルーというやつですかい?!

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

実は今日は朝から,最悪な精神状態でした。。。

昨日の午前中には一人の時間を作ってもらい,リフレッシュしたはずなんですけどね。。

 

気持ちを整理するために,吐き出させてください。。朝から,暗くてすみません。しかも,思いのままに綴るので,乱文になります。あしからず・・・

 

 

 

ここ最近の次女は,時期的なものだと思うのですが,ずっと機嫌が悪く,何を言っても何をやっても癇癪を起して泣いてばかりです。

 

特に寝る前の癇癪がひどく,寝ている間も一晩中うなされているような状態で,ただでさえ妊娠中でトイレが近く寝不足なところに,次女の夜泣きでほとほと参っていました。

 

今朝も5時過ぎからぎゃん泣きを始め,寝室でなだめていましたが,長女も起こされてしまうので,一緒に起きて1階に降りました。主人はお構いなしで寝ています。

 

そして,1階でもことあるごとに癇癪を繰り返す次女。朝の用事を片付けたいボス猿は,出来るだけ次女を泣かさないようにとわがままに付き合いながらもイライラしていました。

自分では必死で我慢していても,そのイライラが伝わるんですよね。。。次女の不機嫌さも我儘さも増す一方です。

 

そこに,自分が間に合うように起きてくる主人。次女のことを手伝うでもなく,自分の準備だけをします。長女もそのころ起きてきたので,焼いていたテーブルロールをだしました。すると食パンがいい・・・

 

このやり取りはほぼ毎朝のことなんです。長女は基本的に食べることがそれほど好きではないので(特に朝は),必ず用意しているもの以外を食べたいというのです。

 

毎朝のことですし,慣れたものなんですが,今朝はそれまでのイライラの蓄積から,長女にもあたってしまい・・・長女もぎゃん泣き。。。

 

 

二人同時にぎゃん泣きされると,これまでの疲れから気が狂いそうになってしまいました。一旦離れようと,寝室のウォークインクローゼットにこもると,何だか涙が出てきてしまいました。

 

こうしてママを必要としてくれるのはわずかな時間で,癇癪などの大変な時期も一生続くわけではないことは理解しています。

 

でも4か月後には3女が生まれ,一生ではないけれど,後3年以上は続くことが確定しているのです。たかが3年と思うかもしれません。

 

でも,24時間ず~っとが3年です。何だかやるせなくなってきて。。。

 

 

そこにきて,主人の「時間がヤバイ」という一言で,もう限界に達してしまったのです。あぁこの人は仕事に逃げられるんだなぁ。なんて意地悪なことを考えまた涙があふれてしまいます。

 

子供たちのことは間違いなくかわいいです。だから当たってしまうことが悲しい。主人に理解してもらえないことが悲しい。意地悪なことを考えてしまうことが悲しい。

仕事はしてもらわなければならないのだから,自分がわがままを言っていることはわかっています。だから,いろんな気持ちが錯乱して,涙が出てしまったのだと思います。

 

きっと,これが噂のマタニティブルーというやつなんでしょう。

 

 

朝の用事を少し減らして,次女や長女にもっとかまってあげることで,朝のこうしたトラブルは少なくなるのかもしれません。

 

ただ,ボス猿の性格上,やらなければならないことは先に済ませたい。

やらなければいけないことが出来ない,ということがこの上なくストレスとなります。

また,毎日していることをしないということは性格上出来ないのです。

 

はっきり言って,掃除機なんて1日かけなくたって死にはしません。ご飯だって1日インスタントものや冷凍にしたって誰も死にません。お弁当が作れなくたって,パンを買えば済む話です。

 

だれかに責められることもありません。ただただ,自分の気持ちの問題だけなのです。

 

 

もう少しゆとりのある気持ちで生活しなくては,子供たちにもっともっと辛い思いをさせてしまうなぁと,今日は朝から沈み込んでおります。

 

 

とかいいながら,ちゃっかりブログを書いているんですけどね。。。

でも,おかげで少し気持ちの整理がつきました。読んでくださった方,ありがとうございました。

 

こうしたボス猿の沈み込みも一時的なものだとは理解しています。少し落ち着いてきたので,また頑張れそうです。

最後までお付き合いいただいた皆様,ありがとうございました。。。

 

 

 

ボス猿。