姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(24)ー長女をもっともっと甘やかしたい。

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

ボス猿自身は,実は三姉妹の真ん中で,自由奔放に生きてきました。それとは真逆の性格である長女。そんな長女をもっともっと甘やかしてやりたいと感じているお話。。

 

 

長女は,ほんとにだれがどう見てもTHE長女!!という感じなんですよね。くそが付くほどのまじめさで,とにかく慎重。石橋は叩いても渡らないタイプです。一方,ボス猿と次女はガラスの橋でもスキップで渡っていくタイプ。

 

長女は自分が我慢することより,次女が泣いているほうが嫌なので,何かの取り合いになれば自分が泣きながら譲ります。

叩かれたって,泣きながら我慢します。

 

親のボス猿が言うのもなんですが,ほんとに優しい子なんです。

でも,自由奔放に生きてきたボス猿からすれば,若干イラつくところがありまして・・・

 

 

ママに怒られたって,嫌な時は抵抗すればいいし,おもちゃも譲らなければいいのに・・・と思ってしまうんですよね。。。

 

もちろん,お友達に対してや毎回そうでは困りますが,そんなに自分だけが我慢して泣くくらいなら,たまにはやり返してみたら?!と思うんです。。

 

でも,これが長女の優しさなので,イラついてはいけないと毎回言い聞かせているのです。

 

しかし,こんなことを言いながら,ボス猿は大人のずるさから,こうした長女の優しさについつけこんでしまうんです。それが最近のボス猿の悩みというか・・・反省ポイントというか・・・

 

次女がわがままを言って暴れているときに,ついつい面倒くさくなってきて,こういう言い方をすればきっと長女が変わってくれるなとか譲ってくれるなという考えが頭をよぎってしまうのです。そして,それを口にした瞬間に後悔するわけです。。。

 

なぜなら,ボス猿の予想通り,長女は自分が我慢して譲ってくれるからです。

 

 

反省しても時すでに遅しで,やっぱりいい!!といっても,長女ももはや引くに引けず押し通してきます。

 

日々こうしたことを繰り返していて,自分自身でももういい加減学ばなければと反省続きの最近です。。

 

ついつい口の立つ長女とは対等にやりあってしまい,なかなか甘やかしてあげることができません。

 

先日も,ふと長女が【あかちゃんが生まれても,私のこと宝物??】と聞いてきました。すっかりお姉さんの顔をしていたので,あまり気にしていなかったのですが,やはり長女は長女なりに色んな心配や不安と闘っていることに改めて気づかされました。

それと同時に,次女のようにわがまま放題に,自分の心配や不安を表現できない長女を愛おしく感じました。

 

 

もうすぐ5歳。でもまだ5歳。。もっともっと長女のわがままを聞いてやらなければと反省する毎日のボス猿です。。。

 

 

本日も長い文章を最後までお読みいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

ボス猿。