姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(19)

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

今朝は、小児科で次女の検尿再検査してきました。

薬をきっちり飲んでいたこともあり、バッチリ治っていました☆原因も大腸菌とのことで、単純性の膀胱炎だったようです。

ただ、ボス猿もよく膀胱炎になっていたので、次女もなりやすい体質なのかもしれません。

小児科でも、繰り返す子も結構いると聞きましたし。。。

清潔に保つくらいしか、対応策はないですが、今後も気をつけておいてあげないとなぁ。。。

 

 

さてさて、そんな今日はネットの記事のお話。何気なくYahoo!の記事を流し読みしまくってたのですが、その中にこんな記事を見つけました。。。

 

 

ご飯の時の子供が、最初は自分で食べられるのに、何故途中から「ママ食べさせて」というのか。

 

→まだまだ未発達な子供は、お箸を使って最後までご飯を食べることは、かなり疲れる。ママに手伝って欲しいと言えたことこそが、子供の成長。頑張って苦しみながら食べるご飯は、楽しくも美味しくもない。ご飯を楽しむことと、自立を促すことは、切り離して考えて。

 

 

要約すると、こんなところでしょうか。。。。

 

 

ボス猿はこの記事を読んで、ちょっと悲しくなりました。

 

 

何故なら、ボス猿は長女に「食べさせてもらえないと食べられないのなら、もう食べなくていい!!」と毎度吐き捨ててしまっていたからです。更には、今朝は追い討ちをかけるように、何で◯◯ちゃんが食べた後はこんなにいっぱい物が落ちてるの?!と責めてしまいました。。。

 

 

ちょっと涙が出そうです。

 

そうですよね。ちょっと考えればわかりますよね。

 

やっとお箸が使えるようになった長女。スプーンも出していますが、それでも最後までお箸だけで頑張って食べています。そりゃ落としもしますよ。。。

疲れて、ママ食べさせてと言いますよ。。。

 

何で、ボス猿はこんなに長女の気持ちに寄り添ってやれないママなのでしょう。。。何だか落ち込みます。

 

 

次女に対しては、あまり落ち込むこともないのですが、長女に対しては、最近特に反省することばかり…

 

口の立つ長女を、ついつい同等に考えてしまいます。

 

もっと甘えさせてあげなくては…

 

こうして、ブログを始めたことで、日々の出来事を文章にしてみると、自分自身のダメなところがとても目につくようになりました。

 

それで落ち込むこともありますが、せっかくこうしてダメなところがわかるようになったのですから、良い方向へ活用していかなくてはと感じております!

(感じてはいるけれど、なかなか実行できないのが現実、、、)

いや、頑張ります。。。

 

 

本日も、長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

 

ボス猿。