姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(16)-今日は朝から病院はしご

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回の記事↓

www.bosuzaru.com

 

我が家の長女、兎に角皮膚が弱い。。

 

1歳過ぎた頃から、季節の変わり目や発熱前には蕁麻疹が出たり、季節の変わり目や冬季は、肌はカサカサ。夏は夏で、少しの日焼けですぐにカサカサ。

 

 

おかげで、皮膚科で処方されるヒルドイドが手放せません。

 

最近は、安定していたこともあり、少しの期間何も塗らずに過ごすことが出来ていました。

 

しかし、ここ最近朝晩も冷え込むようになり、木曜日の夜お風呂上がりに身体と顔にヒルドイドをしっかり塗りました。

 

少しでもカサカサにならずに過ごせたらという、ボス猿の愛です。

 

ところが、昨日朝起きると,目の周り・口の周り・おでこが赤くカサカサ・・・

 

ん?!?!と思いつつも、朝の忙しさにかまけて、一先ず幼稚園へ。

 

迎えに行くと、やはり先生からも【痒そうにしてましたよ!】とのご指摘。

 

帰ってきたから、もしやと思い身体を確認すると…何と身体中赤くブツブツ。。。(泣)

 

何故…

 

大慌てで、近くの皮膚科の予約の電話をかけました。幸い、本日の11時半から1人だけキャンセルが出たとのことで、すぐにお願いしました。

 

 

ところが、朝になって…

 

次女が、30分おきにおしっこと喚く。そして、痛いと泣く。。。

 

若かりし頃,同じ症状に何度も苦しんだことのあるボス猿は,すぐにピンときました。

そうです。これは、、、間違いない。膀胱炎です。

急遽、かかりつけの小児科の予約を確認すると、奇跡的に待ち時間0!!

 

いつも混んでいる小児科なので,待ち時間0はほんとに奇跡です。

 

長女の皮膚科の予約時間もありますから,急いで小児科に向かいました。この間長女はお向かいさんのお宅で預かっていただき,にこにこのご機嫌です。(理由は前回記事を参照してください(笑))

病院につくなり,検尿を指示されたのですが,朝からちょろちょろと出し続けていたため,わずかな尿しか取れませんでした。それでも何とか検査してもらい,膀胱炎の確定です。

抗生剤をだしてもらい,木曜の再検査の確認をして家路を急ぎます。

 

家に帰ってくると,休む間もなく今度は長女と交代。皮膚科に向かいます。

 

皮膚科では,赤いぶつぶつはもちろんなんですが,最近ずっと気になっていた水いぼについても相談。

 

赤いブツブツは・・・あれだけ手放せなかったヒルドイドが合わなくなったのだろうとのこと。保湿剤で湿疹が出ることは珍しいそうですが,それでも実際にヒルドイドを塗ったところだけきれいに湿疹がでていることから,そうとしか考えられない。

 

ひとまず,かゆみ止めの飲み薬と,顔用・体用それぞれのステロイド剤を処方していただき,この冬の乾燥対策用に,ワセリンも出してもらいました。

 

帰ってきてからすぐに,飲み薬と塗り薬の両方を使い,現在は既に赤みも引いてきています。やはりおそるべしステロイドです。

 

 

水いぼについては,ほっとけばそのうち治るとのことで,特に治療はなし。最近は取らないのが主流なんでしょうか。。。次女に移ると困るので取ってほしかったのですが。。まぁ,今回は兎に角湿疹がメインでしたから,これで良し!!様子を見ます。

 

はぁ~,予想外のことが起きるとドッと疲れがおそってきます。。。

 

 

 

今回は,良かれと思ってしたことが仇となる,育児あるあるネタでした。

日々こんなことの繰り返しの,ボス猿家。まだまだ続いていきます。。。

 

 

長い文章を最後まで読んでいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

ボス猿。