姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ボス猿家の節約生活③-ふるさと納税

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回、節約生活③では、コストコの商品について書くと予告したのですが、せっかくなら写真付きにしたいと思い、内容変更です。。。次回コストコに行った時に、写真を撮って記事にしまーす!!

 

さてさて、今回はふるさと納税編です。

とっくに始めている方も多いふるさと納税ですが、まだまだボス猿のように、興味はあるけど、何だかいまいちよくわからないし、面倒臭そうと始められていない方も多いのではないでしょうか?!

 

 

ボス猿も、随分前から興味はあったのですが、よく調べもせずにいまいち制度もよくわからないし、手続き面倒臭そうだし…と手をつけられずにいました。

 

 

しかし、先の記事にも書いたように、家計の窮地から脱出すべく、節約生活・在宅ワークに加え,税金にもテコ入れが必要だと感じ、重い腰をようやく上げました。

 

そもそも、ふるさと納税って実質2,000円と言うことだけが一人歩きしていて、それってどう言うことやねん。。。って思いませんか??

 

 

ということで,ボス猿が調べたふるさと納税について,ボス猿の拙い文章でどこまで説明できるのかわかりませんが、少し説明してみます。

 

 

 

ふるさと納税とは、個人が地方自治体に対して行う寄付金のことで、ふるさとと言う名前がついていますが、出身地や居住地に関係なく、寄付先を選ぶことができます。

 

ふるさと納税をされている多くの方が、返礼品で寄付先を選んでいるのではないでしょうか。

 

そうです!ふるさと納税がここまで注目されるようになったのには、この返礼品が関係しています。

 

近年では、あまりに高額すぎる返礼品が登場したり、返礼品を換金したりする人が出てきたりと、ニュースになったこともあります。また、国からお咎めのあった自治体が出てきたり、返礼品疲れから返礼品の廃止を決めた自治体も出てきました。

 

 

寄付する側からすると、高価な返礼品は有り難いですが、やはりふるさと納税のそもそもの意義が失われるのはダメですよね。。。

 

 

と、話は逸れましたが、ふるさと納税をすると寄付額に応じて自治体より返礼品を頂くことができます。

そして、噂の実質2,000円の正体とは、寄付したトータルの額から、2,000円を除いた額が、年末調整時に返金される。または、翌年の住民税から減額されることになります。

 

ただし、その上限額は、各家庭によって異なりますから、役所に行って試算してもらう必要があります。(そのときは、前年の源泉徴収票を持参するとスムーズです。)

 

また,以前であればふるさと納税をした場合には,確定申告に行かなければなりませんでしたが,現在では納税先が5か所以内であれば,ワンストップ特例制度を利用することができ,各寄付先へ簡単な書類を返送するのみで,この実質2,000円という恩恵を受けることができます。

 

年末調整で現金として返ってくる率と,翌年の住民税で相殺される率については不明ですが,かなりの税金対策になるはずです。

 

 

ここまで聞けば,ふるさと納税をしない手はないですよね?!ボス猿も,ここまでわかった時点で,よしやるぞ!!と決めたのでした。

 

もちろん,最初に寄付する金額は用意しなければなりませんが,それでもやはりする価値があると感じています。

 

といいながら,今現在ではまだ2か所しかできてないんですけどね・・・

 

 

さて,次回の「ボス猿家の節約生活④」では,ボス猿が実際にふるさと納税した先と,この先したいと考えている自治体の紹介です。

 

 

 

長い文章を最後までお読みいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

ボス猿。