姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

ワンオペ育児(6)

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

前回記事↓

 

www.bosuzaru.com

 なんやかんやと,1年があっという間に過ぎていき,いよいよ今年の春は年中さんに進級しました。

 

しかし,ここでも壁にぶち当たりました。

 

春休み夏休みなどの長期休暇中も我が家では基本的に,預かり保育に行かせることにしています。

しかし,今年の春休みはどうも長女の様子がおかしい・・・。

 

これまでの1年毎日楽しく通っていた大好きな幼稚園に行きたがらない。。。泣くほどではないけれど,毎朝グズグズ。。。

 

なだめすかしたり,半ば強引だったりしながら連れて行っていましたが,後半にはこちらが折れてしまい,行ったり行かなかったり状態になりました。

 

 

そしてそんな状態で迎えた進級式・・・

長女の通う幼稚園はマンモス校で,8クラスあった年少組が5クラスになります。いわゆるクラス替えというやつです。

いかんせんナイーブな長女にはこれがかなりきつかった様です。。。

 

まだまだ外では幼いほうである長女は,既にグループ化している女子たちの輪に入れない。。また担任の先生もガラッとタイプが変わってしまった。

 

 

もはや長女はパニックレベルです。

進級式の翌日から,2か月間毎朝泣き倒しました。

長女の気持ちもわかる。でも,安易に休ませるわけにもいかない。

ワンオペの苦しみです。

どんなに主人に説明しても,現場を見ない主人には所詮他人事です。

悪気はないのでしょうが,【クラス替えなんてこれから先も毎年あることで,これは長女が慣れていくしかないでしょ。相性が合わない担任だっているよ。でもその付き合い方も長女の勉強でしょ。】

そりゃ,ごもっともですとも。ごもっともですけどね。。。

 

参観日に,クラスの中で一人でいる長女を見てみなさいよ。。。

あんなに毎日楽しく通っていた幼稚園を大嫌いだと泣いて暴れる長女を見てみなさいよ。。。

 

甘やかしたいわけではないけれど,さすがのボス猿もそんな長女を毎日見続けてりゃ泣きたくもなりますよ。

一番理解してもらいたい人に理解してもらえない。

 

だけど,理解してもらえない辛さをひしひしと感じているこんな時こそ,長女にとっては私が1番の理解者でいてあげたいと考えを方向転換です。

 

 

簡単に休ませるわけにはいかないけれど,これまで毎日のように行っていた預かり保育も,長女が行きたくないという日は行かせず,お弁当の日に買うことのできるパンを初めて購入してみたり,少しずつ譲歩していくことで,長女も少しずつ落ち着きを取り戻し始めました。

 

あとは,何がきっかけになったのか,ある日気が付けば,もう何日も泣かずに行けているなぁと気づき,すっかり幼稚園がまた楽しくなっています。

 

 

相変わらず,ふとした時にワンオペの辛さを感じるものですが,あくまでも主人に悪気はありません。まぁ,それがまた辛さの原因だったりすることもあるんですけどね・・・。

 

 

 

「ワンオペ育児(7)」へ続く。

 

 

 

長い文章を最後までお読みいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

ボス猿。