姉妹ママのワンオペ育児奮闘記『雷雨ときどき晴れ』

育児を中心に,節約や在宅ワークなどを綴っていきます。

先天性代謝異常①

こんにちは!ボス猿です!

『雷雨ときどき晴れ』へのご訪問ありがとうございます。

 

 

今回は,次女の先天性代謝異常検査について書いていきます。

先天性代謝異常の検査は,出産された方であればほとんどの方が聞いたことがあるはずです。スクリーニング検査という名前で聞かれている方もいるかもしれません。

 

生まれたばかりの赤ちゃんが,産院で受ける検査の一つで,採取した血液を専門の検査機関にて調べてもらい,数種類の代謝異常につて検査します。基本的には1週間健診の際などに結果を知らされますが,特に問題はないということがほとんどで,受けたことすら忘れてしまう方もおられると思います。

 

恥ずかしながら,ボス猿は若かりし頃の生活が決して自慢できたようなものではなく,大変に不摂生を重ねてきており,長女の時も次女の時もこの先天性代謝異常の検査にとてもつない不安を覚えておりました。

 

そして,長女の時には異常なしといわれホッとしたこの検査で,次女はガラクトース血症の検査で陽性となりました。

この段階では,ドキッとしたものの産院の先生からも看護師さんからも,1度検査で陽性が出ることはそれほど珍しいことではない。大概再検査で陰性になるからと説明をうけたこともあり,あまり考えないようにしていました。(昼も夜も癇癪で喚き散らす長女もおりましたし・・・)

 

しかし,再検査に血液を出して,3日後・・・産院の院長先生より大変慌てた様子で,電話がかかってきました。。携帯に表示された電話番号を見て嫌な予感がしましたが,その予感は的中。

 

ガラクトース血症の再検査も陽性だったので,明日すぐに国立病院の小児科を受診してください。国立病院の予約はすでに産院でとってあります。受診前に朝一で,産院により紹介状を持って行ってください。

 

といわれました。

電話は何とか気丈に受け答えをしましたが,電話を切った瞬間,長女に掻きつき,泣き崩れてしまいました。さすがに毎日癇癪を起していた長女も母親の尋常ではない姿におどろき,しばしされるがままになっていたのを今でも覚えています。

 

長女を妊娠中から我が子がどんな状態であっても,絶対に受け入れられる自信があり,それはこの時にも変わりありませんでした。その気持ちは嘘ではありません。それでも,やはり陰性であってほしいと願っていました。その日は一日中ネット検索をしていたように思います。

 

その晩,主人に電話し,国立病院を受診することを伝えました。

主人には1度目の検査にひっかかったことも伝えておりましたが,やはりそこは主人も他人事で,何て名前のびょうきやったっけ?!ごめん。なんも調べてないと・・・

この時,やはりワンオペの孤独さを改めて感じたように思います。

もちろん主人だけが悪いわけではありませんが,何で我が子のことをそんな他人事に考えられるんだ?!と腹が立ってしまったのです。

 

それでも,【もしガラクトース血症だったとしても,大丈夫3人で次女を支えていこう。】と言ってくれたことは本当に救いでした。

ボス猿も,泣いている場合ではないと,気持ちを落ち着かせることができたからです。

 

 

「先天性代謝異常②」へ続く。

 

 

長い文章を最後までお読みいただき,ありがとうございました。

またご訪問いただければ幸いです。

 

 

ボス猿。